【アンチエイジングトレーニング】慢性腰痛には適切な運動で根本解決を!

人は二足歩行機能をもち、上肢を自由に使うことで文明を発展させてきました。しかしもともと四つ足から進化してきた人類は、その代償として、腰に日常的に負荷がかかりやすく、腰痛は8割の人が一生の中で経験するとの症候となっています。

一言で腰痛といってもその震源(原因である病態)は人によってさまざまであり、その対処方法も異なります。スポーツ選手と一般人の腰痛は違うように、誰かに有効であった方法がほかの人には効果がないということはよく経験することです。また医療現場では腰部の画像所見で判断することが多いですが、実際はこれらで判明する病態は少なく、“8割の腰痛は原因不明”なことから「非特異的腰痛」と言われています。

しかしそんなわかりにくい腰痛にも、痛みとなる原因(病態)があり、またその治療法もわかってきています。
今回は私たちに身近なこの腰痛について、多い原因と対処方法をお伝えします。

 

〇慢性腰痛に多い原因と種類

腰痛がない無症状の中高年者の腰部画像所見をみると、ほぼ全員に椎体変形、椎間板変性、脊柱管狭窄など加齢的変化がみられます。腰痛がないのにです。そしてこれらの所見から診断名がつけられ、通院する方が多いと思います。しかし一向に回復の兆しは見られず、諦めている方も多いのではないでしょうか。

そもそも高齢者は腰部の画像上には何らかの異常があるのが普通であって、多くの腰痛は画像に写らない部位が原因になっていることが多いのです。
慢性腰痛の多い病態に「椎間関節性腰痛」があります。これは腰椎と腰椎の関節に負荷がかかり、この関節の動きが悪くなる(滑走障害)ために起こる腰痛です。この発生過程として、加齢やストレスがかかりやすい姿勢・動作を繰り返すことによる椎間板の変性⇒椎間板高の減少⇒椎間関節への負荷増加⇒椎間関節の変形や肥厚⇒椎間関節性腰痛といった機序が考えられます。そして根本治療としては、椎間板の変性予防や負荷を軽減することになります。

その他の腰痛の病態では、仙腸関節性椎間板性筋・筋膜性に分類されています。
ただ足の痺れや痛みがあったり、長く立てない歩けないなどの症状がでているのは、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症の可能性があるので、医療機関でしっかり見てもらう必要があります。

 

 

 

 

〇腰に違和感がある、また痛みがでてきたら最初に行うこと

腰痛がでているということは、どこかの組織に異常があるからです。治療の第一歩はその痛みを引き起こしている部位がどこなのかをまず判別することです。この時に上述した画像所見だけでは、腰痛の発生源がわからないことが多いのです。

しかし実際に医療機関で行われている治療は、温めて電気かけてマッサージして薬渡して終わり。。これが多いと思います。
これでは痛みの発生源を特定していませんし、適切な治療とは言えません。

ここで私たち理学療法士の出番であり、一つずつ評価をしながら発生源を見つけていきます。そして発生源が判別したら、次に痛みをとる治療を行います。

そして痛みがとれた、もしくは軽減したならばそこが原因だったとわかります。しかし治療はここで終わりではありません。
痛みがとれて良かったなで終わってしまい、このまま放置するとまた腰痛がぶり返す可能性が高いからです。なぜならば今までと同じような姿勢や動作を繰り返すので、また同じところにストレスがかかるからです。
ではどうすればいいのでしょうか?
慢性腰痛への根本治療にはなにが大切かを次に説明します。

 

 

 

 

〇慢性腰痛への根本治療

上記に、腰痛に多い原因は椎間板の変性から始まることが多いと書きました。その椎間板の変性は、日常生活の中での姿勢や動きの特性にご自分で気づかず、それらを繰り返すことで、知らず知らずに椎間板やその他部位に負荷が積み重なり、それが関節の変性や変形となって痛みとして体に噴出するのです。
また、体の関節はstability joint(安定として働く関節)と mobility joint(動くことで働く関節)に分けられます。痛みになりやすいのは、動くべき関節が動きにくいために、安定として働く関節が代償として動く⇒これにより安定として働く関節に過剰な負荷がかかり、そこに痛みとしてでてくる。といったこともよくみられます。例えば棚の上にある物を取ろうと腕を上げる動作において、肩関節や肩甲骨が動きにくいと腕が上がらので代償として腰を過剰に反って肩を上げようとすることはよく見られます。もちろん無意識のうちにこれを繰り返すと腰痛が出てきやすいです。本来肩や肩甲骨がしっかり動けば腰を反らさなくていいのですが、まずご自分でこれらを知っていれば腰を反るという間違った動作はしないと思います。この無意識化で習慣化された動きをモーターコントロールといいます。腰痛の根本治療としては、このモーターコントロールを正しい状態にするということが大切なのです。

 

筋力をつけなきゃということで、筋力トレーニングを頑張る。これも大事ですが、せっかくやるならば、関節や体に負担が少ない状態で体に刺激入る運動を行うこと。これが中高年世代からの運動には大切ですし、腰痛(関節痛)予防や将来の健康な体つくりに繋がってきます。

ピラティスという運動はご存知でしょうか?
体を伸ばしながら全身運動を行い、関節を守るインナーマッスルを刺激して、動くべき関節と安定する働きの関節の運動を促し、ご自分の体に気づきを与えてモーターコントロールを良い状態に導く。これにより年を重ねてもピンと伸びた綺麗な姿勢、腰痛など関節痛予防、心身に疲労回復効果もあり、将来にわたって自分の足で歩ける動ける体つくりを目的とする運動です。

私自身も筋力トレーニングに励んでいた頃もありましたが、頑張りすぎたり過負荷なこともあり腰痛に悩まされたこともありました。しかしピラティスを始めると、自分の体の癖や正しい運動に気づきがあり、日常生活にも落とし込むことで腰痛が解消してきました。悪い癖に注意し、出力が遅かったり弱かったインナーマッスルも使われることで腰部の負担が減少したからだと思います。また趣味のサーフィンでも肩や体幹、股関節の動きやすさを感じています。私自身、この運動はこれからも続けていこうと思っています。

最後に、痛みへの正しい治療や根本的な解決、健康的な体つくりが行えるアスレティックリハビリテーションの場は多くありません。
私はこのような場を気軽に利用できる場所をつくりたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です