忙しい大人だからこそ体育(運動)が大切なのです!!

中高年世代は筋トレだけで体の調子が良くなるのか?
   ~体調を整えるために大事なこと~

〇2019.1.22 読売新聞の朝刊から
~シニアこそ筋トレ~

昨今、人生100年時代を元気で生きるために、健康志向の情報が
溢れています。最近の研究で、筋肉ほど私たちの健康に占める重
要性の認識が変わった臓器はありません。健康寿命を延ばすカギ
とされ、がんや免疫力との影響、認知症やうつ病との関係もはっ
きりしてきました。
しかし、今まで運動していない方がやみくもに筋力を鍛えても、
痛みや不調が起きたりという声もよく聞かれます。
多くの方の体を診てきた理学療法士としては、健康な体を作るに
は筋力を落とさないことは勿論ですが、それだけではなく体調を
整えることこそ重要なのだと気付いています。

〇年齢を重ねていく身体の調子を整える方法

日頃から多くの方の体を診てきた私は、筋肉の大切さも十分わか
っています。40歳を超えて何もしないと年1%づつ筋肉量が減る
こと、またそれが進行すると衰弱し転倒や骨折、また免疫力も低
下し様々な病気になりやすいこと。しかし加齢により少しづつ衰
えるのは自然の摂理であり避けようがない事実です。
筋肉ムキムキになる必要はありません。筋肉を使って刺激を与え
て‟落とさないこと‟が大切なのです。
そしてここで大切な要素が2つあります。
①大きな力を発揮する筋肉だけでなく、衰えやすい関節を守る筋
肉(関節の痛みや変形を防止する筋肉)を落とさないこと。
②身体だけでなく精神面(心)をリラックスさせること。これには
まず体の緊張をほぐすこと。

心身の状態が整えば体重も減ってダイエットにもなり、細胞が良い
状態になるので美容やアンチエイジングにもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇大人こそ個人の状態に合わせた体育(運動)が必要

学生時代には体育の授業があります。しかし社会人以降こそ体育
(運動)の機会が必要だと常々思っています。
忙しい中高年世代の方は、日々の生活の中で疲れやストレス、肩
こりや腰痛、また加齢により不調を訴えるも多く、そのような負
担が徐々に体調を変化させ病気やケガにつながることも医学的に
証明されています。
上記でも述べましたが、大切なのは今から心身のコンディション
を調整すること。
そのためには、必要な筋肉を落とさないこと、自律神経を整えて
心身がリラックスすること。これにつきます。
もちろん口から入る食事や水も合わせなければいけません。

私は理学療法士として人の健康を守る仕事に取り組んでいます。
人の健康を守るためには筋肉以外にも大切な要素があります。
ご相談にのらせていただきますので、お気軽にご連絡いただける
と有難いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です