なぜ50代から筋肉貯筋をコツコツするべきなのか

年齢を重ねてもはつらつ元気に健康でいるためには「筋肉」が
重要であることはわかってきています。しかし自分の足で歩き
転倒や骨折などせず若々しくいるために地道な「筋トレ」が有
効だといわれても、まだまだ関係ないと先送りしてはいないで
しょうか。

年をとると筋肉が減ってしまうのは、生体の生理現象なので仕
方がない。しかし何もしないで放っておくと筋肉量は80歳でピ
ーク時(30歳前後)の半分近くになることもある。また要介護
になる要因のうち、約4割は筋肉不足に関係しているという。

さらに筋力は病気のリスクにも関係しているのだ。筋力が低下
した人は心不全や脳梗塞などの循環器系疾患、糖尿病の発症率
にも関係している可能性が大である。

〇立ったまま靴下を履けないのは筋肉不足が多大に影響

最近こんな経験はないでしょうか。「道を歩いていて小さな段
差につまずくようになった」「靴下やパンツを着脱する時にふ
らついて立ったままでは無理」こうしたことは筋肉が衰えてき
たからかもしれません。筋肉、脳も含め体は使わないと省エネ
モードになり機能が低下してくるのです。筋肉には筋紡錘、関
節には固有受容体、頭部には三半規管があり体が使われると常
時連絡を取り合ってバランスが崩れないように体を保っている
のです。
このように体を適度に使わないと筋力が衰える→バランスが悪
くなる→代謝も下がり太りやすく、免疫が落ち病気になりやす
くなるといった状態に陥りやすくなります。

〇今、流行りの「筋肉は裏切らない」

しっかり筋肉を鍛えておけば、年をとって筋肉が多少落ちても
大丈夫。これは老後に備えてお金を蓄えておくのと似ています。
70、80、90台代になってもはつらつ元気に過ごすために、若
いうちから筋肉の備えをしておこうというのが「筋肉を貯筋」
するという考え方です。
なお筋肉は適切なトレーニングを行えば80、90歳からでもつ
いてきます。始めるのに遅いことはないですが、若いうちか
ら始めたほうが元気に年を重ねられるということは言えます。

動画を参考に、体幹を鍛えよう!

 

*次回は、現在の状態での「筋肉残高」を3つの簡単なテストで
判定していただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です